lighttpdインストール Raspberry Pi Desktop VirtualBox5.2.18 ubuntu18.10

lighttpd1.4.45(Webサーバー)インストール Raspberry Pi Desktop VirtualBox5.2.18 ubuntu18.10
$ lighttpd -v #インストール済を確認、サイトにアクセス
$ systemctl status lighttpd #現サービス起動中を確認

/etc/lighttpd/lighttpd.conf #設定ファイル
/var/www/html/index.lighttpd.html #デフォルトのindex.html
http://000001.local/

/var/www/html/index.lighttpd.html #内容を変更しブラウザでアクセスしてみる、内容が反映されている、マーキングする、OK

/etc/lighttpd/lighttpd.conf #設定ファイルの編集
server.document-root = “/home/pi/PDF” に変更、指定したフォルダ内のhtmlと画像が表示できるのを確認、OK

nginxサーバー停止 Raspberry Pi Desktop VirtualBox ubuntu

nginxサーバー停止 Raspberry Pi Desktop VirtualBox5.2.18 ubuntu18.10
$ service –status-all #サービスの確認
$ systemctl status nginx #詳細確認
$ ctl-c #コマンドから抜ける
$ systemctl stop nginx #サービス停止

$ sudo reboot #再起動
$ systemctl status nginx #詳細確認 サービス停止しただけでは自動起動停止できない
$ sudo systemctl disable nginx #自動起動停止、現サービスは停止しない
$ sudo reboot #再起動、自動起動しないことを確認、Webサーバー停止確認、OK

nginx index.htmlの場所 Raspberry Pi Desktop VirtualBox ubuntu

nginx1.10.3 index.htmlの場所 Raspberry Pi Desktop VirtualBox5.2.18 ubuntu18.10
$nginx -v #バージョン確認
nginx/1.10.3
/usr/share/nginx/html/index.html を書き換えて、http://000001.local/にアクセスする、変化なし、この場所に割り振られてはいない

どのファイルで場所を割り振っているのか調べる
/etc/nginx/nginx.conf #これではない
/etc/nginx/conf.d #ファイルなし
/etc/nginx/modules-enabled #このフォルダ中にもない
/etc/nginx/sites-available/default #記述 root /var/www/html;
/etc/nginx/sites-enabled/default #記述 root /var/www/html; #どちらの記述が優先されるか後で調べる
/var/www/html/index.nginx-debian.html #このファイルを指定しているのを確認

/var/www/html/index.nginx-debian.html の文中にマーキングする

/home/pi/PDF/index.html #記述 ‘test テスト’
/etc/nginx/sites-enabled/default #記述 root /var/www/html; → root /home/pi/PDF;
再起動、指定したフィルだ反映されているのを確認、OK

同一フォルダ内の画像も表示できるか確認、OK