Raspberry Pi」カテゴリーアーカイブ

WindowsからRaspberry Piにローカルネームでアクセス(mDNS)

WindowsからRaspberry Piにローカルネームでアクセス(mDNS)
# winver (R+WindowsKey)、ビルド番号を確認 → #1909 @Windows 10
(OK:Build#1909)(NG:Build#1709)

# powershellの起動(R+WindowsKey)@windows

# local ネームからIPアドレスを取得 @powershell@windows
> resolve-dnsname xxxx.local

# IPアドレスでssh接続し、localネームを確認 @terminal@ubuntu
$ ssh pi@xxx.xxx.xxx.xxx

# local ネームでRaspberry Pi Webサーバーにアクセス @edge@windows

実験 ログファイル停止、ログディレクトリRAM化

実験 ログファイル停止、ログディレクトリRAM化
★ ログ停止
/var/log #ログファイルが保存されるディレクトリ

/etc/rsyslog.conf #設定ファイル(ログ)

/etc/rsyslog.conf #設定ファイル(ログ)に追記
*.* ~
/var/log ディレクトリを7z圧縮後に削除、再起動

lighttpd(Webサーバー)などのログが生成されている

$ sudo service rsyslog stop #サービス停止
$ sudo systemctl disable rsyslog #起動停止(開始: sudo systemctl enable rsyslog)
/var/log ディレクトリを削除、再起動

lighttpd(Webサーバー)などのログが生成されている
/var/log/lighttpd #lighttpd(Webサーバー)のログ
/var/log/private #?
/var/log/btmp #ログインが失敗した場合の履歴
/var/log/lastlog #ログイン履歴
/var/log/wtmp #ログインが成功した場合の履歴

#lighttpd(Webサーバー)の設定ファイル確認

★ RAMディスク
/var/log #2.7MB 約6ヶ月稼働した場合のサイズ(by mc@pi #12)
/var/log #5.1MB 約6ヶ月稼働した場合のサイズ(by mc@pi #15)
/var/log #5.3MB 約6ヶ月稼働した場合のサイズ(by PC #15)
/var/log → log.7z #0.7MB 圧縮した場合のサイズ(by PC #15)
/var/log #4.7MB .gz圧縮ファイルを除いた場合のサイズ(by PC #15)

# /var/log をRAMディスクにする、容量8MB
/etc/fstab に以下の2行を追記
tmpfs /var/log tmpfs defaults,size=8M 0 0

/var/log は空のまま(実稼働後に電源断してPC上でmicroSDを確認)