カテゴリー別アーカイブ: 物件 01

洗面台 イケア ODENSVIK 901.808.03

洗面台 DIY 製作 イケア ODENSVIK オーデンスヴィーク 901.808.03 (奥行490) ※unit mm
 
主材料: パイン集積材 25x500x4000 7,480円(税込)
加工(ホームセンター) カット: 天板、天板補強、4x脚板
加工(ホームセンター) 面取り(約5mm): 天板(全12辺)、脚板(4長辺)
総加工費: 約2,400円
加工(DIY) : ジグソー、ディスクグラインダー(木材研磨 バリ取り)、マルチツール(切り欠き)

組み立て下準備:天板の天面と地面に鉛筆で脚位置とビス位置をマークする
組み立て: 木工用ボンドを併用し、コーススレッド65mmでビス止めする(2mmドリルで深40mm程度下穴+5mmドリルで深3mm程度下穴(ビスを埋没させるため))

ビス穴を粘土状のエポキシパテで埋める、完全硬化する前に(夏期で1〜2時間後)カッターで出っ張りを削ぎ落とす。

塗装下準備:サンダー(240番)で木材を平滑にする。
塗装1回目:白、乾燥後に塗装面にサンドペーパー400番を軽く当ててこすり、塗装の凹凸をなくす。
塗装2回目:白、乾燥後に塗装面にサンドペーパー400番を軽く当ててこすり、塗装の凹凸をなくす。

工具

塗装3回目:アッシュホワイト、乾燥後に塗装面にサンドペーパー400番を軽く当ててこすり、塗装の凹凸をなくす。
塗装4回目:パールグレー

設置 水道配管 排水

換気扇 交換

換気扇 交換
壁開口部(四角形)→壁開口部(円)パイプ150mm、壁スイッチでON/OFFできるように電気工事配線。元々の開口部をアルミ板厚1.0mmで塞ぐ

換気扇 新規設置

換気扇 新規設置
洗面所内壁を取り外し、壁スイッチで換気扇がON/OFFできるように電気工事をします。採用したのはパイプファン(東芝、パイプ穴径100mm(通常の水道用(VP,VU)ではサイズが合わない、換気専用のパイプ))、パイプの外径に沿って鉛筆で転写します。外壁のサイディング(厚さ12mm、材質:硬質の石こう?)に金属ドリル2mm(100均ダイソー)で円周に沿って穴を開けます、カッターで更に円周に沿って切り込みを入れていきます、穴をあけた後にバリを砥石(インパクトドライバーに装着するもの、100均)で削り均していきます。このパイプは外勾配(内から外に向かって下がり傾斜がある(雨水・露の侵入を防ぐため))があります。

シーリング キッチン本体

シーリング キッチン本体
「キッチンパネル」と「キッチン本体」のスキマをシリコンでコーキングをします。
アルコールで脱脂、プライマー塗布(数十分で乾燥する)、マスキングテープ(硬質素材用)(重要:ヘラ湾曲部と壁平面との接点に合わせてテープを貼る)、シリコーンは再度重ね塗りができる。