カテゴリー別アーカイブ: 船・電気系統

前照灯

前照灯 ヘッドライト
夜間ラグーン内(礁瑚、イノー)の航行は非常に危険なので前照灯を取り付けます、ヘッドライトで海面を照らしてもサンゴの暗礁には衝突する可能性があります。 勝手知ったる海でも夜のイノーは微速航行にしています

›› 写真はフォトギャラリーを参照してください

要求される仕様

  1. 防水(海水がかかるため)
  2. 取り外せる(昼間の漁には不要、船の軽量化)
  3. 配線不要(トラブルの原因)
  4. 一晩中照らせる(10時間以上)
  5. 照射角度を簡単に調整可
  6. 小型船舶航海灯用のステンレス・ポール(Ø25mm)に取付

材料

  1. 水中ライト (Gentos SR-120DT 20m防水)
  2. 水道用の部品 (VP-20,No.9)
  3. 平角アルミ(切断、穴あけ、削り出し加工)
  4. ボルト類(手袋で緩めることができるように蝶ナット、滑り止め加工のある六角ボルト)
  5. ゴムワッシャー(ジョイント部の半固定)
  6. 取付ポールにビニルテープを2~3周巻く(滑り止め、固定用)

評価
何度も夜間航行しても特に振動や船体の揺れでも水中ライトが外れることもなし、照射角度調整のジョイント部が船体の揺れなどで緩んだりすることもなし、蝶ナットを使用しているため暗闇で手探りでの操作も違和感なくできる

太陽電池

太陽電池
船外機なのでバッテリーに充電する機能がありません。電灯潜り漁で夜間にも航行し航海灯・両色灯のためバッテリーを使用します、船からバッテリーを外して充電したり、ケーブルをつないで充電するのも面倒なので、太陽電池を搭載します。
現行市販製品レベルの機能と信頼性の太陽電池充電コントローラーを一から製作するとプロトタイプまで一ヶ月はかかるので、とりあえず初回バージョンとして中学生でも組み込めるレベルの簡単なものを制作します

機能・アイデアとして

  • 構成:「バッテリー」、「航海灯・両色灯」、「太陽電池」「充電コントローラー」
  • 船に搭載してある市販の軽自動車用バッテリー、安価、どこでも手に入る
  • 暗闇の中で結線などの操作ができるように電線の色に黒を使用しない、赤(+)と白(-)
  • 「充電コントローラー」なしでも「バッテリー」-「航海灯・両色灯」が直結できるように端子を使用、自動車用が安価
  • 「太陽電池」「充電コントローラー」などの防水、タッパーなどのケースに入れる
  • 「太陽電池」を2つ搭載して、片方が壊れても大丈夫なようにする